ゲストハウスは新たなライフスタイルにピッタリ

ゲストハウスとは、個室だけ自分専用の空間で、それ以外の設備を共有する住居です。
賃貸物件ですので、管理会社はいるのですが、基本的には入居者同士の共同生活になります。

一見すると、煩わしいというイメージもあるのですが、どうやら、最近はこのライフスタイルが見直されているようなのです。

例えば、夢を抱いて上京した場合、1人で暮らすのは大変です。
なぜなら、東京の高い生活費を自分で払っていく必要があるからです。
その生活費を賄っていくには、頑張ってアルバイトなどをしなくてはいけません。

しかし、生活費もかかりますが、何より困った時に相談できる相手がいません。
病気や怪我になっても、頼れる相手がいないと、何かと不便になってしまいます。
なにより、精神的にも弱気になってしまうでしょう。

その点において、ゲストハウスなら、共同生活をしている仲間がいます。
個室以外をシェアする形なので、比較的家賃も安く、利用しやすいと思います。
普段から会話をする相手がいるというのは、精神的にもかなり心強い環境ですよね。

ただ、もちろん、良い面ばかりではなく、制約も出ます。
1人暮らしの利点は、自分の自由に過ごせる点です。
それに対して、ゲストハウスは共同生活ですので、生活上のルールがあるのです。
例えば、門限があったり、設備を利用できる時間が決まっていたり、当番制のお仕事があったりします。

どのようなルールがあるかは、そのゲストハウスを見学した時に確認しておくのをお勧めします。それから、記述されていない暗黙のルールというのもあったりしますので、その点には注意したいところです。

つまり、共同生活だから、その点は我慢して合わせなければいけない点があるのです。
でも、これは仕方ないと思います。
自分に都合の良い時だけ、他人に頼るわけにもいきませんから。

共同生活をしていれば、トラブルが発生することもあります。
この解決は、基本的に当事者同士で行います。
しかし、ゲストハウスによっては、それを第三者的立場で仲裁してくれる管理者もいると聞きました。不安があるのなら、定期的に巡回してくれる管理者がいるところを選ぶと良いかもしれません。

それから、私が調べたところ、最近のゲストハウスは、オシャレな内装になっているようです。まるでショールームのような家具があり、順番待ちになっているところも見かけました。やっぱり最近のゲストハウスは人気があるのですね。

そして、ゲストハウスのもう1つの利点は、鞄一つで入居できる点です。
なぜなら、設備が共有なので、最低限の生活はできる環境があるからです。
特に、お金のない方にとっては、これは嬉しい話です。

私も1人暮らしをしたことがありますが、最初に家電一式を購入するだけでお金がかかります。お金がなくて、なかなか1人暮らしができないという方もいると思います。その場合は、ゲストハウスを選ぶというのも、1つの解決策でしょう。

今後は、高齢化社会による孤立も問題になると思います。
このゲストハウスは、老後における新たなライフスタイルにも大きな役割を果たしそうです。このような暮らし方もあると知っていれば、より自分に合った生活環境を選べると思います。

Comments are closed.