ゲストハウスと一人暮らしの違い

最近は、ゲストハウスがとても人気があります。

通常の一人暮らしと比べてみると、かなり違うところが多いので、比較してみましょう。
家族と離れて暮らすというところは同じです。
そのあとが違ってきます。

通常の一人暮らしの場合は、アパートやマンションを借りて、一人で暮らすでしょう。
隣近所に誰が住んでいるのかがわからないということも珍しくはありません。
アパートやマンションに帰ってきたところで、誰かに「ただいま」ということもなく、本当に一人ぼっちで孤独を感じる人も多いです。

ただし自分で好きなアパートやマンションを借りていますし、部屋の中では自由です。
お風呂だってトイレだってたいていは一人で使います。
共同のアパートもまだまだありますが、ほとんど一部屋ずつについているものです。

通常の一人暮らしで気を付けたいことは、防犯です。
特に女性の一人暮らしであれば、とても狙われやすいので気を抜けません。
これまで実家暮らしだったり、地方であまり鍵をかける習慣がない人が施錠しないで狙われてしまったことが多々あります。
一人暮らしの防犯は重要なことです。

では、ゲストハウスの場合はどうでしょうか。
一つの建物の中に、知らない人同士が共同で生活します。
もちろん部屋はそれぞれに与えられるのですが、部屋以外のほとんどの空間が共同です。
リビングもキッチンもお風呂もトイレもたいていは共同で使うようになっています。
その分、家賃が安く設定されているので、若い人を中心に人気が出ています。

知らない人同士だけど一緒に食事をしたりできますし、帰ってきたときに誰かがいて、「おかえり」と返事をしてくれることもあるでしょう。
部屋では一人になれますし、プライバシーを確保することもできます。
実際は部屋にいるよりも、ほかの住人とおしゃべりをするためにリビングなどにいることが多い人のほうが多いようです。
一人暮らしというような感覚はあまりないと言えます。
しかも、みんな顔見知りにもなれますので防犯にもなります。

大人数が一つの建物の中にいますし、犯罪を起こしたところでつかまりやすいですから、狙われにくいということです。
どちらも一人暮らしではあるのですが、ほかの住人と仲良くなれるかどうか共同スペースがあるかないかなど違うことがかなり多いことがわかります。

家賃も安いですし、一人暮らしをする人にとってはとてもありがたいといってもいいのではないでしょうか。

Comments are closed.