世界の人々の交流の場であるゲストハウスの現在の設備とは

現在クールジャパンが代表されるように、今と昔の日本の文化を世界に発信することで日本に興味を持ってもらう機会が増えました。
それに比例するように興味を持った人の旅行者数と世界の若者世代が日本に留学をする人も年々増加傾向にあるのです。
しかし現在は世界の経済の流れがあまり良くなく、さらに日本の地価が世界規模で高めにあるため日本に定住する施設がないという問題があります。
その問題を解決するためにはどうすればいいかと考えた時に、海外で行われているある住居システムが脚光を浴びているのです。
それが今回のテーマであるゲストハウスというものです。
このゲストハウスとは比較的安価な料金で利用できることに、主眼を置いた宿泊施設のことをいいます。
その特徴として部屋によってはトイレやバスルームがない場合やもしくは共用の設備のものを利用すること、それに月単位の料金設定をしていることにより宿泊代にかかるコストをできる限り削減しています。
さらに賃貸とは異なり日本特有の敷金と礼金が必要ない代わりに、契約の際に保証金を事前に支払わなければいけません。
この保証金は大手や一部のゲストハウスでは入会金として徴収し会員となり一旦会員となって以降は、再度入居する際には再び用意するのは不要というところもあるのでアパートのように長期滞在も可能なのです。
このゲストハウスは以下の分類に分けられます。
まず来客の宿泊のために別に用意された建物であるタイプと迎賓館のような大切な訪問者のための宿泊施設と、親しいものだけで 1か2件の挙式を行う小型の邸宅型結婚式に使うタイプ、そして先に説明した日本で広まりつつあるコミュニティ空間のある多国籍賃貸住居であるシェア住居型タイプとなっているのです。
この利点とすればもちろんキッチンやトイレそしてシャワールームなど共同で使用することで宿泊代のコストの分散が目的ですが、なによりリビングなどの共同場所で他の旅行者と交流ができることやその旅行者や留学生と相部屋にすることでその国の人々と触れ合いそして感じることでその人とその国のことを知ることができるという大きなメリットがあります。
そのため各高校と大学の宿泊施設はロシアからの留学が多い北海道と世界中から平均して多い関西地方の特に京都府とアメリカからの留学が多い沖縄県では取り入れる施設が多かったのですが、現在では大阪や東京の街でも外国人受け入れ可能な施設としてあらゆるところに点在しているのです。
近年のゲストハウスは海外の意向を取り入れてより過ごしやすくするために設備の新調が進んでいます。
たとえば共同にするといってもより使いやすいように建物を縦の方向に大きく建設して規模を大きくすることにより相部屋でも入る人数を2人にしてより使いやすくする工夫や、共同スペースに娯楽スペースを作ることによりより誰でも簡単にコミュニケーションをとりやすい環境にしているのです。
日本はこれまで他国との文化交流を妨げていた歴史があります。
しかしこれから先の未来を生きていく上でその流れをなくすには自分たちから世界に目を向けていくことが肝心なのです。
それにおいてこの一つの施設でシェアするということはその国の人々と暮らすことによってその文化を知る機会になるのでこれから増えていってほしいと思うのです。

Comments are closed.