経営を失敗しないためには

ゲストハウス経営を成功させるためには…

近年、日本に訪れる外国人旅行客が増えたことにより、高級ホテルや旅館以外の宿泊施設である格安の素泊まり宿である「ゲストハウス」の人気が高まっています。
海外ではバックパッカーといって、鞄一つで目的を持たずに気の赴くままに旅をするということが比較的日常にあるのでゲストハウスなどの格安素泊まり宿は需要があるのです。

日本ではあまりこういうところを利用するという考えは主流ではありませんでしたが、他人と共同して生活するというスタイルが若者の間では浸透しつつあります。
これから需要が高まってくる業界なので、ゲストハウス経営に興味を持っている方は沢山いらっしゃるようです。

色々な国の人と出会い様々な文化を学ぶことができるので、自分の世界も広がりとても興味深い仕事ではあると思います。
しかしゲストハウスが実際に立ちあがるまでも大変ですが、ゲストハウスを経営し続けるということも中々難しいようです。
ゲストハウス経営で失敗しないためには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

将来のプランをしっかり考える

憧れのゲストハウス経営を失敗させないために重要なこと、それは次のことに尽きると思います。
★ゲストハウスを通じて、自分が将来どうなりたいのかをしっかり思い描いておく!
この考え方が実に重要であると思います。

例えば、1つのゲストハウスを自分が仕切って経営し続けていくのも一つの選択であると思います。
ですが、掃除や予約の受付・ゲストの対応などを自分ひとりで続けていくのもとても大変ですよね。
最初はとても楽しいと思いますが、ずっと続けることは出来るのでしょうか?

もし万が一自分に何かがあった場合にはどうするのか・その場所でずっと生活する覚悟はあるのか・それとも他の場所に店舗を増やして大きくしていくつもりなのか…などしっかり考えなければなりません。
またもし自分でやり続けることが難しかった場合は、手伝ってもらえる従業員を雇用するのか・雇用するための経費はどうするのか・ゲストハウス自体を誰かに譲渡または継承してしまうのか・はたまたゲストハウスを完全に閉じてしまうのか…など、考え方は色々ありますね。

人生は何が起こるか分かりませんし、良い時もあれば厳しい時もあると思います。
そんな時に色々な方向性を考えておくことで、何かがあった時に慌てずに済み大きなリスクを避けることが出来るのではないでしょうか。

経営者にとってとても大切なこと…それは「失敗しないために失敗した時のことを考えておく」ということなのだと思います。
そんな弱気な考え方では世間を渡っていけない!と怒る方もいらっしゃるかもしれません。

しかし経営者の中でも、この考え方が徹底している人はやはり成功している人が多いのも事実です。
これからますます需要が高まるゲストハウス経営に興味があるみなさん、あなたもこの機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.