ゲストハウスを経営するには

ゲストハウスの経営

ゲストハウス…それは海外から日本に訪れるバックパッカーや日本国内からの旅行者の宿泊・またはシェアハウスとして共同生活を希望する若者が訪れる簡易宿泊施設のことを言います。
簡易宿泊施設と言っても、食事や布団の上げ下げを施設側がせず宿泊者に自由に過ごしてもらうというだけで、外観や内装に凝ったお洒落なゲストハウスが今非常に増えてきています。

色々な国の人と知り合い、様々な価値観や意見を学ぶことが出来るゲストハウスはとても刺激的な場所です。
1度ゲストハウスに宿泊したことのある人は、その魅力に魅了されてハマっていくと言われています。

また、近年ゲストハウスを経営したいと希望する人も増えているようです。
海外から日本に来日する外国人旅行客の数は年々増えており、ゲストハウスなどの低価格で宿泊できる施設の需要が高まっていることも確かなのです。

しかし、いざゲストハウスを経営しようとすると様々な障害が待ち構えており、めでたく開業に至る人はごく僅か…と現実は非常に厳しいのです。
物件の選定・旅館業営業許可など各種法的手続き・工事の開始・設備購入・ホームページやチラシの作成…などなど実際に営業を始めるまでには、本当に色々なことを乗り越えなくてはならないのです。

ノウハウを活かしたアドバイス

さて、ゲストハウス経営は開業までの道のりがとても大変なことはお話しました。
様々な専門知識も必要ですし、ボランティアではないので開業した後の収入や経費の問題も考えなくてはなりませんよね。

いくら旅好きだからといっても、全くの素人が急に始められるわけもありません。
そこで、強力な力になってくれるのが「株式会社SAKURA」です。

こちらの会社は祇園でゲストハウスを経営しており、すでに10000人以上のバックパッカーや学生さんたちに利用されていて、海外のバックパッカー御用達のサイトにおいても高い評価を得ている企業なのです。
実際にゲストハウスを経営しているからこそのアドバイスやサポートが受けられるので、これからゲストハウス経営を考えている方にとっては有難い会社ですね。
集客に繋がる物件選び・何度も役所に足を運ばなくてはいけない法的手続きの代行・工事業者との連絡・設備品のあれこれ・ホームページ作成のアドバイスなど、1つ1つの課題に沿ってアドバイスやサポートをしてくれます。

また、「株式会社SAKURA」が経営している祇園のゲストハウスで業務体験をすることが出来たり、実践に即した体験が出来る点も非常に大きなポイントと言えるでしょう。
これから間違いなく需要が高まるゲストハウス経営…まだこれから伸びていく分野に一足早く乗ってみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.