職人と作り上げた【萩ゲストハウスruco】

萩ゲストハウスrucoの特徴

日本にはゲストハウスが結構あって、最近では増えつつありますが、その建物にはどれも特徴があったりします。
それは外面上だけではなく、そのゲストハウスに込めた意味や内面といったものもそれに当たります。
そういう意味だと、萩ゲストハウスrucoもまたその特徴的なものがあると言えます。
それは萩ゲストハウスrucoの特徴でもあって、そこに込められた意味合いにもかかわってきます。

まずこのゲストハウスは城下町だった歴史があると言うことでその場所自体が特殊でもあります。
城下町というのは有名な人がそこに城を立ててその周囲に街が広がって生活圏を広げるものです。

それがそのまま城下町としての人々の日常が入り込んでくるものでもあります。
ですから、そこでの宿泊施設は大事な位置づけになります。

性質的にも街の中心的な機能を持っていて、そこにあるゲストハウスであることから人の流れて交差する場所になっているのです。
それと同時に交差することがこのゲストハウスが目指す宿泊所ともなっているわけです。
そして、この萩ゲストハウスrucoを作った際には、街との架け橋になっている宿にしたいという思いが込められていると言うのもあります。
そのため、オリジナリティの高い建造方法や木を利用した建築技術などを使ってデザインに独自のものを採用しているのです。
そのため、最大の特徴がこのデザインの面に表れているということも言えるわけです。

rucoのデザイン

萩ゲストハウスrucoの特徴はやはりそのデザイン性にあると言えます。
他のゲストハウスではなかなか体験できないデザインもいくつかあって、ただ古いだけの建物とは違います。
木材や技巧に細かなこだわった面もそうですし、内装に重点を置いたゲストハウスというわけです。

内側の設備も整っていて綺麗な部屋や内装になっています。
ただ泊まるだけでなく精神的にも心地よい場所を提供してくれることでしょう。

シャワーは用意されていますが温泉はないのでその点はゲストハウスの特養ということになります。
ドミトリーはきちんと男女別になっているので女性の方も安心して泊まることができます。
二段ベッドになっていますから、そこに寝ることになります。

交流状況は?

初めての旅行者でも楽しめるゲストハウスになっています。
交流に主眼を置いたゲストハウス造りもなされていて、じっくりと旅の話をすることができるようになっています。

オーナーの方も交流するのに十分な施設となっているのも魅力としては大きいです。
これらのことから遠慮なく観光者同士の話ができるのと同時に、スタッフやオーナーとの交流も可能です。
もちろん観光に来た人以外の宿泊者の方とも交流が可能ですから話してみるとよいでしょう。

Comments are closed.