のどかな山村風景が楽しめる【桜ゲストハウス】

桜と共に成長する宿

みなさん、桜は好きですか?
日本人にとって桜は「心の花」と言っても過言ではないくらい、私達の心にグッときますね。
桜は何故あんなに人々の心を惹きつけるのでしょうか。

今回ご紹介する「桜ゲストハウス」は、美しい桜と共に飛騨高山と北アルプスの雄大な風景を堪能できるゲストハウスです。
高山駅から徒歩で約18分のところに位置しており、大変風光明媚な場所にあります。

こちらの「桜ゲストハウス」は一風変わっていて、映像制作会社がオーナーを務めています。
取材先で1本の桜の苗木を頂いたことからストーリーが始まり、この苗木を新しく始めるゲストハウスに植えて桜と共に成長していく…というまるでドラマのようなゲストハウスなのです。

そしてこの桜、親木は何と樹齢1100年を越える老木だそうで国の天然記念物にも指定されている由緒ある桜なのです。
それだけでも一見の価値はあるのですが、桜の代表と言われるソメイヨシノのような咲き方ではなく、まるで竜が地面に伏せているような形で枝を張り・花を咲かせるため「臥龍桜」と名付けられています。

この独特の咲き方がまた見事で、枝が広がるように張った雄大な桜の美しさはこの上ないです。
「桜ゲストハウス」の桜はまだ苗木なので雄大な姿を見ることは出来ませんが、いずれ美しい花を咲かせるようになると、雄大な北アルプスと飛騨高山とのコラボレーションはさぞかし美しいことと思います。

桜が咲くようになるまで、毎年様子を見に訪れるのも良いかもしれませんね。
まさに桜と共に成長していくゲストハウスと言えます。

景色と古民家の癒し空間

「桜ゲストハウス」は飛騨地方の伝統的な古民家を改築して作られています。
温かみと重厚感のある木で作られた独特な格子窓やその外観は、レトロであるのにどこかモダンな印象さえ感じられる不思議な感覚を抱くことでしょう。

ゲストハウスの内装も木の存在を活かした、落ち着く空間になっています。
共有スペースには薪ストーブもあり、古き良き日本の家屋の良さを存分に味わうことが出来るでしょう。

また、お部屋からも飛騨高山や北アルプスの山々が見えるのでとても気持ちがいいです。
朝起きてこの景色を見ながらコーヒーでも飲んだら、清々しい気分で素敵な1日を過ごせること間違いなしでしょう。

お部屋は男女共用ドミトリー2500円・女性専用ドミトリー2500円・プライベートツイン1~3名3600~8700円・エコノミープライベート2~4名6000~11200円となっています。
また4名以上のグループで宿泊する場合はドミトリーを貸し切ることも出来るので、グループで楽しく旅行することも可能です。
貸し切りに出来ない日もあるので注意して下さいね。

高山祭や臥龍桜祭りの際はイベント会場まで送迎してくれるサービスもあるようなので、上手に活用すると良いと思います。

Comments are closed.