ゲストハウスの一戸建てについて

最近、ゲストハウスについてよく話を聞きます。
ゲストハウスとは、例えば1つのマンションや一戸建てなどの建物の中に、
複数の人が住む、という形式のものです。
一戸建ての、ゲストハウスとは、どういった所なんだろうか。
気になったので、調べてみました。
一戸建てというと、2階建てや3階建てなどを、思い浮かべるかと思います。
一戸建てのゲストハウスなのですが、よくある一戸建てを、ゲストハウスとして利用をしていると考えると、分かりやすいでしょう。
例を出して考えていきます。
1階部分から話をしていきます。
1階部部分には、リビングやキッチン、そして洋室が2つあります。
そして、洋室1が101号室。
洋室2が102号室。
と、割り当てられているのです。
リビングやキッチンは、ゲストハウスに住む方で、共有をすることになります。
次に、2階部分の話です。
2階部分には、洋室が2つ、和室が2つあります。
洋室1が201号室、洋室2が202号室、和室1が203号室、和室2が204号室。
と、割り当てられています。
次に、3階部分の話です。
3階には、洋室が2つ、和室が1つあります。
洋室1が301号室、洋室2が302号室、和室1が303号室。
と、割り当てられています。
一戸建てのリビングやキッチン以外の、洋室や和室が、それぞれ何号室と名前がつけられています。
そして、101号室には誰誰さんが、102号室には誰誰さんが。
といったように、
住むことが出来るようになっているのです。
家賃ですが、部屋の広さによって変わってきます。
6畳の部屋であれば、3万円、
8畳の部屋であれば4万円、
また、上の階の方が少し家賃が高いこともあります。
あくまで例ですので、実際はゲストハウスによって異なってきますよ。
このように、各部屋に各個人で住み、お風呂やお手洗いや、リビングやキッチンなどは、
一戸建てに住んでいる住人が、それぞれ共有で使用をする、
という仕組みになっているのです。
そのため、例えば台所用品に関しては、購入をする必要がありません。
買い足しても良いかと思うのですが、
みんなが使いやすいように、揃っていることが多いので、
もともと備え付けられているもので、事足りるかと思います。
1人暮らしをすると、なかなかお料理を作らなかった、
という方でも、誰かがつくっているのをみると、私も作ろうかな、
と思うかもしれません。
ゲストハウスに住んでいる方で、ルールが決まっていることもあるのではないでしょうか。
例えば、月曜日は誰誰がお料理を作る、
火曜日は誰誰がお料理を作る、
といったように、ルールが決まっていることもあると思いますので、
みんなで協力をして、生活をしていくことになります。
一戸建てに、1人暮らしをする、
というのは、なかなか出来ないことだと思っていたのですが、
ゲストハウスであれば、家賃もお手頃ですし、問題なく出来ることが分かりました。
利用をしてみたいと思いました。

Comments are closed.