一戸建てのゲストハウスの特長について

ゲストハウスというのは、まるで暮らすように格安で宿泊できるということで、
最近人気が高まっています。
また、自分は今マンションを捜しているのだが、
それを見つけるまでのつなぎとして、ゲストハウスを利用するという方も多いです。

そんなゲストハウスですが、大きく分けて、一戸建てをゲストハウスにしたものと、
アパートやマンションをゲストハウスにしたものがあります。
今回はその中で、一戸建てをゲストハウスにしたものを紹介したいと思います。

まず、一戸建てのゲストハウスの特徴について紹介したいと思います。
もともとは一戸建ての住宅だったわけですから、
なかなか東京の都心のど真ん中には、一戸建てのゲストハウスはありません。
多くは東京でも少し郊外に行ったところ、住宅地などや東京以外の県ということになります。
そういった意味では、場所の制限は多少受けるかもしれません。

次に、一戸建てのゲストハウスのメリットを紹介したいと思います。
まずは、庭があるということです。
もともとの一戸建てにもよりますが、ほとんどの一戸建てには庭が付いています。
猫の額ほどの庭もあれば、広い庭もあります。
庭があるということは、それだけで心の持ちようが違います。
庭でガーデニングを行ってもいいでしょう。
また、広い庭でしたら、他の居住者とバーベキューパーティーをしてもいいでしょう。
庭でさまざまなことができるというのが、一戸建てのゲストハウスのメリットです。

また、一戸建てのゲストハウスの場合、アパートやマンションタイプのゲストハウスと比べて、
ロケーションが穏やかということが多いです。
アパートやマンションタイプのゲストハウスだと、賑やかな場所にあることも多いものです。
年中にぎやかなのが好きな人はいいでしょうが、なかなかそうも行きません。
その点一戸建ては繁華街からは離れていますので、快適な住環境にはあります。

さらに、一戸建てのゲストハウスは、アパートやマンションタイプのゲストハウスと比べて、
共用スペースが広いということがあります。
共用スペースというのは、トイレやキッチン、ダイニングといったスペースです。
もともと4人くらいが住むことを想定して建てられた一戸建てですので、
そのスペースも広いものです。

では、一戸建てのゲストハウスの間取りについて紹介したいと思います。
もちろん、一戸建てによって様々ですが、大体の傾向というのはあります。
まず、共用スペースは1階に集中しています。
一戸建てというのはもともとそんなものです。

また、家賃に関しては、1階よりも2階のほうが高い傾向にあります。
2階のほうが眺望もいいでしょうし、開放感もあります。

また、1階ですと2階の音を気にしなければなりませんが、2階でしたらそんな必要もありません。
もともとの一戸建てをそのまま生かす場合が多いので、
クローゼットのたくさんある部屋もあれば、何もないような部屋もあり、
部屋による差はかなりあります。

Comments are closed.