ゲストハウスとは

○ゲストハウスって何だろう?

近年になり、「ゲストハウス」という言葉をよく聞く様になりました。
たくさん聞く様になると、「ゲストハウスってどういうもの?」と気になりますよね。
そこで、このサイトでは「ゲストハウスについての情報」をまとめてみました。

実は、ゲストハウスとは日本と海外で意味合いが異なります。
日本だと、ゲストハウスは「民宿」の様なもので、「安く宿泊できるホテル」というイメージがあります。
「ゲストハウス=安い」という認識がありますよね。

しかし、海外におけるゲストハウスはまったく違うものです。
海外では、ゲストハウスといえば「高級な宿」のこと。
ゲストハウスの所有者が、大事なお客さんを招く時に使うのがゲストハウスです。
宿泊を通して美味しい料理を食べながら、
館主やゲストと交流をするというのがゲストハウスの利用方法です。

日本での利用方法とは全然違いますよね。
このサイトでは、日本のゲストハウスと海外の本来の意味で使われるゲストハウス、
両方を記述しています。どちらも、ゲストハウスであることに違いはありませんからね。

ただ、海外でも保護者や教授が着た時に宿泊する「大学ゲストハウス」や、
バックパッカー向けのゲストハウスもあり、多様性が出てきているみたいです。
タイには、「カオサン通り」というバックパッカー向けのゲストハウス通りがあるそう。

○日本のゲストハウスいろいろ

日本には、実にたくさんのゲストハウスが存在しています。
まず、紹介したいのが「本格型ゲストハウス」。
本格派ゲストハウスは、広い部屋がありそこに数人で住むというもの。
個室があるゲストハウスもありますが、この場合もそれぞれの部屋にトイレやお風呂はありません。
みんなでひとつを共有することになります。シェアハウスを連想すると解りやすいかもしれませんね。

「ただ宿泊するだけ」ということも可能ですが、
多くの場合は宿泊している人たちでコミュニケーションをとるそうです。

もうひとつご紹介しておきたいのが、「宿泊施設型ゲストハウス」。
これは、わりと長く滞在したいと考えている人のためにあるのが、このゲストハウスです。
それ以上に長く滞在したいと考えている人だと、
「居住施設型ゲストハウス」に宿泊することになります。

目的に応じて使い分けも行われているゲストハウスですが、
それぞれが旅行者の日程を支えているそう。
旅行の際には、一度利用をしてみたいですよね。
色々な種類のゲストハウスに宿泊をしてみたいです。

Comments are closed.